賃貸のメリットと比較

賃貸のメリットと比較

賃貸物件の申し込みと家賃交渉

賃貸物件の内見をして気に入ったら、申し込みと家賃交渉を行います。人気の物件は賃貸物件がよく動く時期には家賃交渉は難しいと思っていた方がよいです。それ以外の時期には多少家賃交渉が可能なので半年以上空き部屋の場合には、交渉によっては敷金や礼金だけでなく家賃も安くする事が可能ですが、交渉する事が大前提です。物件の空き期間を避けたいと考える大家が多いので、空いている期間が長い物件は融通が利く物件です。家賃交渉だけでなく、エアコンが付いていない物件の場合に、入居を前提に設置を交渉したり、壁が汚れているので張り替えたら入居しますといった入居を前提として交渉する事も可能です。

追加条件は言わないよりは言った方がお得になります。ただし契約を急いでいると伝えると交渉としては成り立ちません。余裕を持って物件を探しているという雰囲気を出す事が大切です。他の物件と悩んでいるというというアピールも家賃を安くしてもらったり、その他のサービスを可能にする交渉術ともいえます。礼金や管理費、家賃などは価格交渉する上で安くしてもらえる項目になりますが、敷金や仲介手数料の交渉をすると大家や不動産屋に印象を悪く持たれます。あまり値切り交渉ばかりしていると大家から実際に住んだ場合の家賃支払いに不安を持たれますのでやり過ぎには注意します。