賃貸のメリットと比較

賃貸のメリットと比較

賃貸物件を借りる時にはじめに掛かる費用

賃貸物件を借りる時に入居審査が無事完了したら最終的に契約に入ります。申し込みまではリスクなしでキャンセルする事ができますが、ハンコを押して契約をしたらキャンセルするには違約金が発生します。契約する場合の費用は関東と関西で異なりますが、関東では申込金、礼金、敷金、前家賃、管理費、仲介手数料が掛かります。

申込金は申し込みをする時に一時的に不動産屋に預けるお金で、申し込みをキャンセルした時に返金され、申し込みになった場合には契約に掛かる必要と相殺されます。申込金を預けた場合には支払った領収書など支払った記録が残るものを入手しておきます。礼金は関東では習慣となっていて貸主に対して支払います。礼金は大家に感謝の気持ちとして支払うお金です。退出時には返金されないです。敷金は契約時に貸主に払う預り金です。礼金と同様に関東での習慣となっているお金で、契約書に定められている補修費用や家賃の支払いに滞納があった場合に充てられます。退出時には補修費用などと相殺されて返金されます。

通常月末に次の月の家賃を支払いますが、契約時に翌月分の家賃と当月分の家賃の日割り分を支払いますがその家賃を前家賃と言います。アパートではあまり見ませんが管理費はマンションで支払エレベーターや通路の電気などの共有部分の維持管理のために支払います。エレベーターがある場合には管理費が掛かると思っていた方がよいです。仲介手数料は物件を借りる時に本人と大家との間に入ってくれた不動産屋に支払う料金です。