賃貸のメリットと比較

賃貸のメリットと比較

賃貸だけではない生活する上での節電対策

賃貸だけでなく、持ち家でも節電はしたいところですが、家庭で電力消費が大きいエアコンを意識すると節電効果が上がります。夏でしたら、設定を28度にして遮光カーテンやブラインドを使って室温の上昇を抑えたり、エアコンのフィルターをまめに掃除すると節電効果になります。

エアコンだけでなく、電力消費の多い家電を意識する事によって節電に繋がります。BDレコーダーやDVDレコーダーは、使わない時には電源プラグを抜いたり、省エネモードにしたり、使用後は電源を切り、テレビチューナーに切り替えて視聴をすると節電になりますが、設定が無効になってしまうので電源を抜く事ができないという場合には、表示OFF機能などの使用電力を抑えると節電に繋がります。

パソコンには省エネモードが搭載されている機器が多いので、モードを変更し、ディスプレイの明るさを暗めにすると電力消費を抑える事ができます。他にもパソコンだけでなく周辺機器を節電ができる電源タップに切り替えたり、パソコンを起動する時には電力消費が大きいので、使用しない時にはシャットダウンしておきます。使用頻度が高い場合にはスリープモードを活用します。また起動する時に読み込むアプリケーションの数を減らすと電力消費を抑える事ができます。